アーカイブ

バルトーク (1881~1945) 《中国の不思議な役人》 ハイライト

bartok-photo-thumb新しい方法論を模索するバルトーク

バルトークは無論、クラシック音楽史に名を残す大作曲家であるが、民俗音楽研究家という側面も持っている。そしてバルトークの場合は、この民俗音楽研究が作曲へとフィードバックされたところも大きい。バルトークの音楽は複雑なリズムとどこか奇怪な様相で知られているが、初期のバルトークはそうではなかった。習作にあたる《コッシュート》(1902)は、題材こそ祖国ハンガリーの英雄から取ったナショナリスティックなものだが、その音楽技法はR.シュトラウスばりの「ドイツ的」なものであった(音楽技法を国別に分類すること事態がある種イデオロギー的な視点の産物ではあるのだが)。

 

続きを読む

チャイコフスキー (1840~1893) 交響曲第6番 《悲愴》

tsch-photo-thumb西欧諸国から音楽と音楽家を輸入し、「お雇外国人」の手によって音楽文化を形成したロシア。いわば音楽の発展途上国だったロシアだが、そのロシアが音楽先進国の仲間入りをするためにどうしても必要だったもの、それはロシア人の手による本格的な交響曲だった。多くのロシア人作曲家がその課題にチャレンジしたが、19世紀後半に至って先駆者を遥かに超える高いレベルでその課題をクリアする作曲家が現れた。それがチャイコフスキーである。そのチャイコフスキー最後の交響曲が、本日お送りする交響曲第6番《悲愴》である。

続きを読む

スメタナ 連作交響詩 《我が祖国》 の楽曲解説

vysehrad作曲はスメタナ50歳の1874年~79年。先にI~IIIの3曲が初演され、全6曲の初演は、1882年11月5日アドルフ・チェヒの指揮でおこなわれた。大成功だったが、耳の病いに冒されていたスメタナは、もはや聴くことは出来なかった。曲は、初演の街プラハ市に捧げられており、毎年、スメタナの命日5月12日に国際的音楽祭「プラハの春」の初日を飾って全曲が演奏される。概要は別稿のとおりなので、ここではその補足と、楽曲分析を中心にコメントしていく。

 

 

続きを読む

今日のゲストは木管のあの人!クラリネットの近藤さん

今日のゲストは木管のあの人!! ジャカジャカジャカジャカ…………ジャン!

クラリネットの近藤さんです!!!

ヾ(^▽^)ノワーイ!!

お仕事が大変お忙しい時期なのだそうです。が、空気を読まずにインタビューしちゃいました!!!

続きを読む

この人無しでは語れない!総務の玉川さん

今日もゲストをお迎えしています。

(きみまろ風に読んでください。)千葉フィルは、この人無しでは語れない!細やかな気遣いと穏やかな口調で団を取り仕切り続けて〇十年、総務の玉川さんです!!パチパチパチ

玉川さん描くの難しかったっす!実物はもっとかっこいいんです。スミマセン!!ちなみにパーカッションです。

続きを読む

憧れのあの人!我らがコンミスにインタビュー

今日は、ビックなゲストに登場していただきます。もちろん憧れのあの人!我らがコンミスです!!ヾ(o´∀`o)ノワァー!!!では、早速インタビューしてみたいと思います!!

続きを読む

トランペットパートから満を持して登場!NISHIKIORIサーーーーン

コンサート間近!!今日のゲストはトランペットパートから満を持して登場!!

NISHIKIORIサーーーーン!!ヾ(o´∀`o)ノ

コンサートまでもうすぐということで、錦織さんにはちょっとマニアックな質問もぶつけていきます!!

続きを読む

スメタナ (1824~1884・チェコ) 連作交響詩《我が祖国》

smetana-mono-thumbスメタナの名前は「Bedřich」と書くのだが、これはどう読むのか。「ベドルジハ」というのがカタカナでの一般的な表記であるようだが、実はこの名前、カタカナ表記にするにはかなり無理がある。「r」の上にある逆三角形の記号、これが非常に厄介なのだ。この逆三角形の記号、チェコ語でハーチェクというが、このハーチェクのついた「ř」という文字、クラシック音楽ファンならばどこかで目にしたことがあるかもしれない。

続きを読む

今夜のゲストはチューバを代表して井上さん

お待たせしました!!今夜のゲストはチューバを代表して、井上さんです\(^o^)/イエーイ 代表ってチューバ1人でしたね(;^_^A 1人ならではのご苦労があるようです。

それではインタビューいってみましょう!!(注:この取材は一昨日行いました。)

続きを読む

デュカ (1865~1935・フランス) 舞踏詩 《ラ・ペリ》

dukas-thumb20世紀初頭の傑作バレエの殆どはディアギレフが主催するロシア・バレエ団との関わりから生まれたと言っても過言ではない。古代ペルシャの神話を題材にした〈ラ・ペリ〉もその一つで、デュカ(デュカス)は、作曲家として円熟期を迎えていた1911年に依頼を受けて着手。登場人物は、妖精ペリと王イスカンデルの2人のみで、人間の不老不死への執着を主題とする「1幕物の舞踊詩」だった。

 

続きを読む

プロコフィエフ ロメオとジュリエットの楽曲解説

mask-thumb今回のようにコンサートで抜粋演奏をする場合、バレエ全曲版のスコアから筋書き順にピックアップして並べていけば良さそうに思えるが、そう簡単にはいかない。別稿にもあるように、組曲は離れた場面の音楽をつなぎ合わせて1曲にしていることがあるからだ。しかも、一般ファンがCMで人気になった《モンタギュー家とキャピュレット家》をCDで楽しもうとすると、組曲版で録音された盤を買うことになる。もう一つの人気ナンバー《タイボルトの死》も同様なのだが、そうした組曲版CDで憶えたファンが、全曲版から抜粋した該当場面の音楽を聴いた場合、盛り上がったところで音楽が中断したり、別の場面の音楽に飛んでしまったりということで、楽しみが半減ということになりかねない。

続きを読む

関連記事