第63回演奏会 (第33回冬季演奏会)

日程:2019年1月12日(土) 18時開演(17:15開場)
会場:習志野文化ホール
指揮:金子 建志
演目:

  • チャイコフスキー/大序曲「1812年」
  • ショスタコーヴィチ/交響曲第7番「レニングラード」

1973年1月 – 1942年8月 – 2019年1月

1973年1月、アメリカ合衆国、ワシントン。泥沼のベトナム戦争は終結に向けて動いていた。そんな中、前年の選挙で圧勝し、二期目の任期に入ったニクソン大統領の就任記念コンサートが開催された。指揮はユージン・オーマンディ、この演奏会のラストを飾るはチャイコフスキーの大序曲《1812年》。これはニクソン大統領の強い希望だったという。ベトナム戦争が終わろうとするこの時に、ナポレオンのロシア侵攻の撃退を記念して作曲された《1812年》を希望したニクソンは何を望んでいたのだろうか。この演奏会とちょうど同じ時刻に、レナード・バーンスタインはワシントンの別の場所でハイドンの《戦時のミサ》を指揮していた。(手塚治虫が漫画に書いたのでご存知の方も多いだろう。)

時は遡り1942年8月、音楽を学んでいた青年バーンスタインは、ショスタコーヴィチの《レニングラード》交響曲のアメリカ合衆国における演奏会初演に大太鼓奏者として参加する。指揮はロシア出身の大指揮者、セルゲイ・クーセヴィツキー。吹奏楽の世界で名を馳せることとなるフレデリック・フェネルもこの演奏会に打楽器奏者として参加しており、バーンスタインとフェネルは、クーセヴィツキーの「もっと大きな音で!」という要求に応えようと顔に青筋を立てて必死に演奏したという。《レニングラード》交響曲はショスタコーヴィチの代表作の一つとなり、バーンスタインも後にこの曲を自身で指揮をしている。

そして、金子建志と千葉フィルが《1812年》と《レニングラード》を演奏する。両曲とも千葉フィルでは再演となるが、特にショスタコーヴィチはソ連崩壊後、ソ連時代では思いもよらなかった様々な情報が届くようになり、演奏の幅も遥かに増えた。満を持しての再演となる。どのような演奏となるか興味は尽きない。2019年1月、習志野がロシアの響きで満たされる。

関連記事