• 現在地:  
  • ホーム

第30回サマーコンサート

30th summer concert thumb

日程:2018年7月29日(日) 13:30開演(12:45開場)
会場:すみだトリフォニーホール
指揮:金子 建志
演目:

  • バーンスタイン/キャンディード序曲
  • マスネ/組曲第7番「アルザスの風景」
  • R.シュトラウス/アルプス交響曲

PDF版をダウンロード | 画像をダウンロード

前売券販売所:

1918~2018 100年の時を超えて

1918年、ロシアからの移民の子としてバーンスタインがアメリカ合衆国で生まれたちょうどその頃、父祖の地では第一次世界大戦がようやく終幕を迎えようとしていた。第一次世界大戦はヨーロッパを血みどろの地獄と変えた。大勢の人が大勢の人を殺し、クラシック音楽が生まれ育った環境も木っ端みじんに砕け散った。その第一次世界大戦が猖獗を極める1915年、戦場で多くの若者が殺し合っているさなかに初演された《アルプス交響曲》。単なる交響詩に留まらない内容を持つ、リヒャルト・シュトラウスが自信を持って発表したこの「交響曲」に、当時の人々は何を聞いたのか。時代は遡り、第一次世界大戦に繋がるフランスとドイツの遺恨を生んだ普仏戦争。その戦争に従軍したマスネはフランス・ドイツ国境のアルザス地方の情景を音楽に描いた。《アルザスの風景》、牧歌的な19世紀。

その牧歌的な19世紀から、20世紀に入って人類は変貌した。芸術のあり方も変わった。そして、第一次世界大戦が終わって100年となる2018年。

2016年夏にマーラーの《復活》で、すみだトリフォニーを感動の響きで満たした千葉フィルが、再びすみだに登場!今回は《アルプス交響曲》という、金子建志がもっとも入れ込む作曲家の一人であるリヒャルト・シュトラウスの大作をメインとした超重量級プログラム。同じく金子建志がこよなく愛する音楽家、バーンスタインの《キャンディード》序曲、千葉フィル木管の妙技が堪能出来るマスネの《アルザスの風景》と、他のプログラムも聞き逃せない。100年の時を超えた響きに、21世紀の私たちは何を聞くのだろうか。

バーンスタイン (1918~1990) 〈キャンディード〉序曲

1959年8月、モスクワ

bernstein 1955 120pxバーンスタインはモスクワにいた。当時、常任指揮者を務めていたニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団の世界ツアーでソビエト連邦を訪れた為である。この時のニューヨーク・フィルのソ連滞在は3週間、全18回にもおよび演奏会が企画されていた。当時、アメリカ合衆国とソビエト連邦はまさに冷戦の真っただ中にあり、芸術と言えども、当然、そういった政治の動向と無縁ではいられなかった。このニューヨーク・フィルのツアーも平和友好をうたった文化使節だったにも関わらず、両国の国威発揚の場として使われていた。

続きを読む

R.シュトラウス (1864~1949) アルプス交響曲

頂上に立つリヒャルト・シュトラウス

r strauss 120pxレナード・バーンスタインが慎ましくもささやかな幸せを享受しつつもアメリカ合衆国の最下層に位置する両親の元に生を受けたその頃、リヒャルト・シュトラウスはヨーロッパで名声の頂点にあった。日本の西洋音楽黎明期を締めくくることとなる山田耕筰は、第一次世界大戦が始まる前の時期のドイツに留学し、ベルリンで切り詰めた生活を送っていた。山田は当時、絶頂期にあったリヒャルト・シュトラウスの音楽に強い衝撃を受け、肖像画を部屋に飾るまでとなる。しかし、そのスコアを研究しようにも、スコアを入手することさえ留学先で困窮を極める山田にとっては難しいもので、まさにリヒャルト・シュトラウスは憧れの人、遥か山の上の存在だった。

続きを読む

R.シュトラウス アルプス交響曲の楽曲解説

1911~15年2月8日作曲。15年10月28日、シュトラウス指揮のドレスデン王立歌劇場管弦楽団によりベルリンで初演。初演がベルリンになった理由は以下のとおりだ。

「ベルリンのフィルハーモニー大ホールでの演奏のために、私は116人の奏者を必要と しています。つまり木管が倍の人数、即ちあと8人とハープ4台(スコア上は2パート)です。この8人とハープ奏者2名は、私自身がベルリンで見つけることができるでしょう。しかし必要な弦のエキストラは、ドレスデンから連れていきたいのです。つまりドレスデンで総勢107名の奏者を集めて欲しいのです。
オルガン奏者は私がベルリンで手配します。何故なら、オルガン奏者はフィルハーモニーのオルガンについて熟知してなければならないからです。オルガンはとても重要です。例えば雷の場面では、大きな、そして完全なコンサート・オルガンが必要不可欠です。」

(15年6月19日の手紙)

続きを読む

マスネ (1842~1912) 組曲第7番 『アルザスの風景』

嵐の中の出発

massenet 120pxマスネは自伝において1848年2月20日のことを「運命的な日」として「忘れることが出来ない」と記している。ジュール・マスネは1842年5月12日にフランス南東部のロワール県の中心都市サン・テティエンヌで生まれた。母親がピアノ教師をしており、その母親の手引きで初めてマスネがピアノをさわったのが、冒頭の日のこと。ヨーロッパではナポレオンの没落後に確立されたウィーン体制がちょうど終わりを告げようとしていた頃で、フランスでは2月24日に国王ルイ・フィリップが退位し七月王政が終焉することとなる。そんな嵐の中、少年マスネは初めてピアノに触れたのだった。程なくマスネは抜群の音楽的才能を示すようになり、11歳でパリ音楽院に入学する。オペラで成功していたアンブロワーズ・トマに作曲を師事、21歳でフランス作曲界の登竜門となるローマ賞を受賞。審査員の一人だったベルリオーズが特に熱心にマスネを推したという。同じくローマ賞の審査に加わっていたフランソワ・オーベールはベルリオーズに次のように語ったらしい。「この小僧は、経験を積みすぎないように気をつければ、かなりのところまでゆくだろう」と。オペラの第一作目も好評だった。オーベールの予言はともかく、音楽家として順風満帆な出発であった。

続きを読む

バーンスタイン 〈キャンディード〉序曲の楽曲解説

bernstein 1950 120pxドイツのヴェストファーレン生まれの青年キャンディードと、相思相愛の恋人クネゴンデは、一度は結ばれそうになりながら、戦争や略奪など様々な禍に遭遇。世界中の様々な土地で一癖も二癖もある人物と出合い、その都度、それまでの全てを御破算にするような暗転(殺人、宗教的略奪、性的暴力、詐欺など)に巻き込まれていくという、奇想天外なファンタジー。

続きを読む

マスネ 組曲『アルザスの風景』の楽曲解説

Ⅰ・日曜の朝 アレグレット・モデラート 二長調 4/4拍子

村の静かな朝の情景。クラリネットとフルートによる主題①は、いかにも長閑な農村地帯のそれだ。オーボエによる②は、①の3連符を受け継いでいる。クラリネットによる新たな主題③aを契機に、曲は休日らしい『市の賑わい』に発展し、① ②それぞれの舞曲的律動感がトゥッティで強調される。

続きを読む

練習予定


2018/09/09 17:30 - 21:00 Tutti1 @ 幕張勤労市民プラザ

2018/09/30 17:30 - 21:00 Tutti2 @ 幕張勤労市民プラザ

2018/10/14 17:30 - 21:00 Tutti3 @ 幕張勤労市民プラザ

2018/10/21 17:30 - 21:00 Tutti4 @ 幕張勤労市民プラザ

2018/11/04 17:30 - 21:00 Tutti5 @