第67 回演奏会 - 2022年7月24日(日) 13:30開演 会場:習志野文化ホール・指揮:金子 建志・演目:ムソルグスキー/交響詩「禿山の一夜」、ボロディン/「ダッタン人の踊り」、ブルックナー/交響曲第4番

トランペットパートから満を持して登場!NISHIKIORIサーーーーン

コンサート間近!!今日のゲストはトランペットパートから満を持して登場!!

NISHIKIORIサーーーーン!!ヾ(o´∀`o)ノ

コンサートまでもうすぐということで、錦織さんにはちょっとマニアックな質問もぶつけていきます!!

interview05

イラストの原画はこちらからご覧いただけます。

私) 「我が祖国」は言わずと知れた名曲ですが、「モルダウ」の旋律みたいなところだけではなく随所に魅力がたっぷり詰まっていますね。錦織さんか思う、ちょっと意外なオススメの部分などあったら教えてくださいm(_ _)m

錦織さん) 「意外な」との事で、我が祖国の数少ない pp での演奏箇所でVysehradの中間部(練習番号C2)から、1番ラッパと2番ラッパが掛け合い で合いの手を入れてます…ここ落ちると非常に危険なので、神経使ってますね(沢山の難しいパッセージを演奏されている弦楽器の方々、すみません (;^_^A)

私) なるほど~!弦が ジャカジャカジャカジャカ やっている上空でキラッと光るあの音ですね☆ 私にとっては道しるべの音です。頼りにしてますよぉ~(^_-)

次にトランペットはここをがんばってるぞっていうのをアピールしちゃってください(*ゝω・*)ノ

錦織さん) 頑張っている…我が祖国は、皆さんと同じで大変な体力を要しますが…Sarkaの終盤、ラッパの役目は三連符なんですが、最終テンポアップしたYからは…もう、舌が攣りそうですが…1番ラッパのお二人が頑張ってます(2番の私は…(T_T))

私) 今までの方からも出ていましたが、シャールカはすっごくかっこよくて、すっごく激しいですね!!

演奏会後にトランペットのみなさんが舌を出してぐったりしていても誰もとがめませんよ(笑)

最後に、お客様にますますたのしんでいただけるようなお得情報いただけますか??

錦織さん) オーケストラ全体で聞き所満載な2曲ですが、あえて言うなら金管パートはソロが少ないプログラムな分、ブラスセクションの響きを楽しんで頂ける よう頑張ってます!…かな(金管の皆様、勝手な意見をお許しくださいσ(^_^;)… そうだ、ホルンは大ソロありますね!)

私) トランペットパートならではのコメントでしたね!!

錦織さん、ありがとうございました~m(_ _)m

関連記事