第66回演奏会 - 2022年1月16日(日) 13:30開演 会場:習志野文化ホール・指揮:金子 建志・演目:ドヴォルザーク/謝肉祭、ヒンデミット/画家マティス、ベートーヴェン/交響曲第6番「田園」

ブラームス (1833~1897) 交響曲第3番 ヘ長調 作品90

「異端の交響曲」

brahms-thumb-120x140ブラームスは生涯に4曲の交響曲を完成させた。その4曲の交響曲は、ブラームスの同時代から現在に至るまでオーケストラの主要レパートリーとして定着しているが、その中で3番目の交響曲は他の3曲と比べると、演奏頻度が若干低くなる傾向がある。(例えば、ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、ニューヨーク・フィル、それぞれある時期の100年近くの間の統計を見ると、4曲の中でいずれも3番が最も演奏回数か少ない。)終楽章はもちろんのこと、全ての楽章が弱音で瞑想的に終わる。演奏時間も他の3曲に比べても短めで、コンサートの最後を熱狂的に締めくくろうとする場合にはいささか不都合だと感じられるからであろう。

実際、この交響曲第3番は前後の作品に比べると性格付けが難しいかもしれない。重厚な1番・明るく快活な2番と、古典への回帰を明確にした4番。この間に挟まれた3番は、特にその中間楽章に極めてロマンチックな情感が溢れ、どことなく個人的な郷愁を感じさせる。それは交響曲のものというよりは、室内楽的なものなのかもしれない。この交響曲第3番が初演された当時、ブラームスはワーグナーを中心とする一派からしばしば激しい批判を浴びていた。ベートーヴェンの交響曲を範とするならば、ブラームスのこの交響曲は極めて個人的な、弱々しさを感じさせるものでしかない。(当のワーグナーも、はっきりとは名指ししていないが、ブラームスの交響曲を室内楽的だとして嘲笑するような文章を残している。)

これはもちろん極めて一方的な見解であるが、しかしブラームスの音楽の特徴を捉えたものとしては、さほど見当違いなものではないかもしれない。ベートーヴェン以来、交響曲という分野はドイツ・オーストリア系の音楽家にとっては理念と世界観を表明する場となったという一面がある。(その観点で言うなら、マーラーもショスタコーヴィチも立派なベートーヴェンの継承者である。)その系譜に於いては、個人的なことを語った私小説かのような印象を与えるこの交響曲は、どこか居住まいが悪い。一般的な音楽史の中ではブラームスはベートーヴェンの正当な後継者としてみなされるのが当然であるが、ワーグナー派からの批判にも見られたように、決して、それは同時代からの確立したものでは無かった。その音楽の充実度と共に、ブラームスの交響曲だからと言って見過ごされているのかもしれないが、ブラームスの交響曲第3番はひょっとしたら「異端の交響曲」なのかもしれない。

シューマンへのオマージュ

ブラームスの交響曲第3番を表現した言葉として、その初演を行った指揮者ハンス・リヒターの「ブラームスの英雄交響曲」というものがある。これはベートーヴェンの交響曲第3番《英雄》が念頭にあったものであろうが、一般的なものとして定着することはなかった。また、冒頭に現れ、全曲を貫く主題ファ−ラ−ファ(ドイツ音名でF-A-F)がドイツ語の「自由にしかし喜ばしく」(Frei aber froh)という言い回しの頭文字に由来するとはしばしば言われることであるが、しかし、これもそのままこの交響曲の性格を表現したものにはなりにくい。この交響曲第3番の特徴を言及するならば、そういったものよりも、むしろシューマンの作品との関連を押さえるのが先決であろう。

第1楽章の第1主題(譜例①)はシューマンの交響曲第3番《ライン》の第1楽章第1主題(譜例②)との類似か感じられる。また、第3楽章の最初はチェロによって奏され、計6回も出てくるあの極めてロマンチックな旋律(譜例③)と、シューマンの交響曲第4番第2楽章の第1主題、チェロとオーボエによって奏でられるどこか鄙びた旋律(譜例④)との類似。

brahms-sym3-fig1

brahms-sym3-fig2

brahms-sym3-fig3

brahms-sym3-fig4

また、例えば第1楽章には拍節感が譜面上の小節線の区切りとは別にあるように感じられる箇所が数多くあるが、シューマンもヘミオラ(3拍子の曲で2小節をひとまとめとしてそれを2分音符×3と扱い、2小節単位で3拍子の音楽と聞こえさせる技法。《ライン》の冒頭もそれである)を用いて拍節感を逸脱させる感覚を得意としていた。こういったところも、ブラームスはシューマンから受け継いだのかもしれない。

シューマンは無論ブラームスの大先輩であり、それを抜きにしても親密で個人的な関係をその家族と共に結んだ間柄であった。こういったシューマンとの関連は他の交響曲にはあまり感じらない。この辺りも、交響曲第3番が他の3曲と比べて郷愁的と感じられることが多い一因となっているのであろう。

初演、作曲とも1883年。この都市の夏をブラームスは終の棲家としたウィーンから離れて避暑地のヴィースバーデンで過ごしているが、そこで大部分が作曲されたと推測される。全4楽章。献呈先はない。

  • 1
  • 2

タグ: ブラームス