第66回演奏会 - 2022年1月16日(日) 13:30開演 会場:習志野文化ホール・指揮:金子 建志・演目:ドヴォルザーク/謝肉祭、ヒンデミット/画家マティス、ベートーヴェン/交響曲第6番「田園」

ブラームス 交響曲第4番の楽曲解説

Ⅰ楽章─ホ短調 2/2 ソナタ形式

流れるように滑らかな第1主題 ①a が、3度音程の音列 ①b をオクターヴ上下させることで作られているのは良く知られており、ブラームスが理論派の大家だったことの象徴とされる。

brahms 4 fig1

この冒頭 ①a で、もう一つ見逃してならないのは、弱起で始まること。合わせ易い室内楽ならともかく、大人数の弦を裏拍からスタートさせるのは冒険なのだ。こう指摘すると「モーツァルトの〈40番〉という先例が」という反論に遇うことになるが、〈40番〉はヴァイオリンが弾き出す前に、ヴィオラの伴奏音型を小節の頭から弾かせている。

ブラームスも、いきなり大集団が4拍目から始める危険性には気付いており、スコアをⅠ楽章の最後 ①c まで書き上げた後、その余白に強拍から始まる4小節の導入 ①c’ を書き足している。〈3番〉の開始を再使用したようなこの追加プランは、斜線で消されているように、出版スコアに採用されずに終わったのだが、アウフタクト開始に慎重だったことを示す証拠としては意味がある。

brahms 4 fig1c

この楽章で、もう一つ重要なのは、第2主題にスペイン的な舞曲のリズムが採り入れられていること。第2主題への導入として木管が奏する ② がそれで、このリズム・パターンはタンゴやハバネラに近い。スペイン起源のタンゴは18世紀後半にイベリア半島で踊られ、19世紀半ばにはラテンアメリカでポピュラー音楽として大ブレークしたのだが、弦を中心に嘆くように歌われる第2主題 ③ は、② のリズムで伴奏されており、これをアコーディオンで演奏すれば、タンゴとして踊れる。〈ハンガリー舞曲〉や〈ピアノ四重奏第1番〉で、ジプシー系の民俗音楽を積極的に採り入れたブラームスならではの進取の姿勢が示された部分で、タンゴが無理だったら、フラメンコを踊るカルメンのイメージを重ね合わせるのも良いだろう。

brahms 4 fig2 3

この楽章全体は、サブキャラクター的な多くの主題と、高度な変奏技法による模倣や装飾が散りばめられているので、譜例で説明し出すと研究書並に膨らんでしまうから、一つだけ第1主題の変容 ①dを挙げておく。ブラームスはまず木管で第1主題 ①a を2分音符+全音符の拡大型で示した後、①d のように崩して再現部としているのだ。

brahms 4 fig1d

ブラームスが、この交響曲で目指したのはギリシア悲劇やシェイクスピアの「リア王」「オセロ」のような絶対的な悲劇。コーダは第1主題を中心に、それが極限まで拡大され、モーツァルトの〈レクィエム〉を模したティンパニの連打で閉じられる。

タグ: ブラームス